スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

My Fairy King

QOL has just been notified that the Viennese Madame Tussauds is planning to display a Freddie Mercury figure starting in April of next year in 2011.

マダムタッソーに新しいフレディ像が?

あの黄色いジャケットを着たフレディじゃなければ、どのフレディがいいかな・・・
どっちにしても、あんまり似てないんだよねww
マイケルも微妙だし・・・

freddie make up

初期のQUEENは化粧もして、ファッションも独特。
全てフレディのアイディアだったとか。
演奏だけではなく、ヴィジュアルにもこだわったのがフレディ。

それがアメリカ進出と同時に化粧もやめ、髪を切り、ひげをはやし、ゲイファッションに(泣)
高校生だった私はものすご~くショックを受けたのを思い出します。

今日はQUEENのファーストアルバム「QUEEN」から「My Fairy King」
初期のフレディが書く曲は、妖精とか現実からかけ離れた物語の世界を歌った曲が多いです。
はっきり言って「よくわかんね~」と当時思ったものですがww
この曲は、絶対ベスト盤にははいらないでしょう。
でもとても美しいフレディのファルセットと後半のピアノと演奏が素敵です。

もうあの日までQUEENで乗り切ることに決めた!!!



「マイ・フェアリー・キング」

馬は鷲の翼を持って生まれ
ミツバチは針を持たず
永遠に歌いつづける
そんな国で
ライオンの巣窟に鹿が憩い
川は澄み切ったワインをたたえ
永遠に流れつづける
ドラゴンが雀のように空中を舞い
稚い子羊たちはサムソンの闘志のもと
日々は営まれていく

彼は空気を支配し、潮の流れを変え
ああ、彼は風を導く

 我が妖精王は知っている
 この地は我らのためにあらず
 我が妖精王は正しきことをなし
 間違いを犯すことはない

やがて、野蛮な夜のように、ある男がやってきた
盗人のように走り、ナイフのように殺すために
魔法の手から、力を奪い去るために
約束の地に、滅びをもたらすために

奴らはミルクを腐らせた
我が身体を流れる血を青くしたように
(なぜ、わからないのですか!)
燃え盛る地獄の劫火の中
苦痛の悲鳴が響き渡る
神の子よ、私を自由にして、行かせてください

海は干上がる。砂に塩を残すことなく
季節は、何ら助けを借りることなく、飛び去っていき
哀れな男たちの目に映る真珠のように
その歯が光ることはない

誰かが、そう、誰かが
我が翼から、色を抜き去っていった
我が妖精の輪を、指輪を破壊し
王の誇りを恥辱の中に貶め
風向きを変え、潮の流れを誤った方向に導いた

母なるマーキュリーよ、
彼らがなしたことを見てください
私は逃げることも
隠れることもできません

Queen : Weave the Wordsより引用(http://www5f.biglobe.ne.jp/~lerxst21/queen/index.html)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。