スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Death on two legs

さてさて、今日はなんとなく暇だった・・・
マイケルのことを考えれば考えるほど落ち込んでくるのでこんな曲なんか聴いてみたわ。

この曲はアルバム「オペラ座の夜」に入っている曲。
QUEENは当時売れていたにもかかわらず、収入が衣装も買えないほど低かったそうで、それなのにマネージャーは高級外車を乗り回していたことでおかしいと気づき、フレディが怒り狂って書いた曲。

4人とも高学歴で頭がよかったこともあり、それ以来自分たちのマネジメントは自分たちですると会社を設立。
一時は世界一高収入をもらう役員としてギネスブックに載るほどに・・・

その中でも事務的なことを一手に引き受けていたのがジョン。
でも。。。こういうことをしちゃうと、どうしても計算が先にきちゃって、音楽家としてはどうなの?という気もするのですよね・・・
結局フレディ亡き後はジョンは引退しちゃうし・・・

お金と芸術って相反するところにあるような気がして・・・

マイケルを思う時、どうしてもそこが・・・ね・・・・

芸術家でありビジネスマンでもあったマイケル・・・それって私にとってはどうしても理解できないんだな・・・
理解を超えたところにあるマイケルなんだけど、でも普通の人間だったはずだよね?

私なんかが理解できるほどの人間じゃないことは十分わかっているのだけれども・・・

話は戻ってQUEEN 「Death on two legs」



この曲の発表後元マネージャーは裁判を起こしたそうですが、その結果はどうなったのかはわかりません;;

そういえば・・・このライブ、77年のライブだったわ・・・
マイケルが観てたかも・・・



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。