スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bohemian Rhapsody

3月3日 この日、友人の告別式が静かに行われた。
「ボヘミアン・ラプソディ」と「手をとりあって」が流れる告別式に、涙が止まらなかった。
49歳という若さ。20歳の一人娘を残して、どれほど心残りだっただろうか・・・
毎年旦那様と人間ドッグに入り健康には注意していたというが、たとえ早期に病気が見つかったとしても、完治出来なければなんの意味もないのではないかと、行き場のない怒りをただただ涙とともに流すしかなかった。

ここのところ、急に旧友たちとの交流が活発になってきた。
彼女とも何十年も交流がなく、亡くなる直前にメールのやりとりをしただけ。
元気な時の写真を娘さんが1枚くれた。
晴れ着姿の娘さんと一緒に写っている彼女は自慢の娘だと言わんばかりに誇らしげで、苦しい闘病生活を微塵も感じさせず、美しく、凛と写っていた。

私と同じくブライアンファンだった彼女。
もっとQUEENの話をしたかったな・・・・・
フレディと会えるといいね。。。



ボヘミアン・ラプソディ ライブバージョン


ボヘミアン・ラプソディ スタジオバージョン


スポンサーサイト

フリーエリア

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。