スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

You and I

先日、マファンの皆さまと東京丸の内の三菱一号館美術館にて、「マネとモダン・パリ展」に行ってきました。
ど素人の感想としては、「マネを誤解してた。」という一言でしょう。

私が最初に見た!と勘違いしたのはフランス・パリのオランジュリー美術館、モネの「睡蓮」だそうで・・・私はこれをずっとマネだと勘違いしておりました。
そのタッチも、あまり好みではなかったので・・・いわゆる印象派。
そう、そのタッチが好きじゃなかったのよ。

で、先日見た正真正銘のマネの絵とは違うな・・・・(描いた人が違うんだから当然なんだけどw)
じゃあ、私がロンドンで見て感動したあの絵はマネだったのかも・・・
ということでただ今混乱中ですwww 

絵画を一作品のみ見て、その作家が何をいわんとしているかを理解するのはむずかしいです。
ただ、そのオーラを感じることを出来たとしても。

年代順に並べて行くと、どこでそのタッチが変わったかとか、この時このモデルと何があったのかとか・・・
その人物像を探っていくのもまた面白いですね。

マイケルやQUEENについて調べて行くのもまた同じこと。

ただ、マイケルの場合、真実がどこにあるのかが全くわからないのですけど・・・・
探っても探ってもわからないところもまた、面白いのかも知れませんね。

で、今日はこの話とは全く関係ないQUEENの曲「You and I」
この曲はジョン・ディーコンの曲で、初期の頃全く曲を書いていなかったジョンが、フレディの導きにより作曲に目覚めて行く過程の一曲。
ジョンらしいポップな曲で、この曲も大好きな一曲です。
のちにアメリカでのQUEEN最大のヒット曲「Another One Bites the Dust」を作っちゃうジョンですが、その曲よりも私はこの「You and I」が大好きですし、この曲を歌うフレディの声も大好きです。

フリーエリア

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。